momonga3333’s blog

ご訪問ありがとうございます。日々感じたことや、日常の話を書いています。

涙腺について

こんにちは、ももんがです。

年を取ると涙もろくなると言いますが、

皆さんはどうでしょう?

 

ももんがは、若いときは、

そんなことあるはずがないって思っていました。

でも、実際そうなんですよ、、、

 

涙もろいって言うよりも、

いろんな経験を積んできて、

人の気持ちや痛みがわかるようになって

共感できるようになって、

自分だったらとか、近い人と重ねたり、

または、その人の気持ちに入り込んで

泣いてしまうのです。。。。

 

もちろん仕事では絶対泣かないですが、

プライベートでは

ふっと何かを思い出しただけでも

涙腺が緩むことがあります。

 

若いころは何とも思わなかった

歌に感動して泣いたり、

映画に感動した泣いたり、

他人の話に共感して泣いたり、

思い出を思い出して泣いたり、

本当に、すぐに涙腺が緩みます。。。><

 

人生って同じところにとどまっていらなく、

少しずつですが、

必ず変化していくもの

 

今までいた人がいなくなったり、

環境が少しずつ変わったり、

自分自身も変わっていきます。

  

不変なものがない、この世界

時が止まってほしいなって思うこともありますが、

変化があるから、人生なのだと受け止めて、

前を向いていこうって、考えます

 

40歳を過ぎたころから、

新しい出会いよりも、別れの方が多くなり、

若いころその優しさや、思いやりに気が付けず、

先にあちらの世界にいかれた、人達を思って、

時々、それだけでふっと

涙が出そうになることがあります。

 

全然恩返しできなかったなぁ。。。なんて思ったり、

あの時の意味はこういうことだったんだ。。。

とやっと理解したり

もっと恩返ししたかったな

って考えたりしちゃうときもありますが、

 

彼らに良くしてもらったからこそ、

いない相手に恩返しはできなのだから、

その分、自分の下の世代に、

同じように返していこう

そう思うようになりました。

 

なので、ももんがは、

年下の方たちとご飯食べるときは絶対自分が払いますし、

道端で若い方が素敵なパフォーマンスをしていたら、

周りが10円や50円入れていても、

自分は500円や1000円入れます。

帰りにヒッチハイクしている若い子を見たら、

「お腹空いてない?」って聞いて、

マック買って渡すこともあります。

 

若いって、お金はないけど

いろんなことができて、

そして、いろんなことにチャレンジして、

どんどん視野が広がる時期だと思うのです。

 

そんな時に、少しでもできることをしたいなぁって

ももんがは思っています。

 

若い彼らはそれらのことをラッキーと

今は思うかもしれないけど、

いつか、きっと、ももんがと同じくらいの年になったら、

ももんがが今思い出すように、

いろんなことが見えてきて、わかりだし、

自分がされた分を、

またその下の世代に返していく、

そんな社会ができていけばいいなぁ

小さいことだけど、願っています。

 


自分らしさランキング

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村