momonga3333’s blog

ご訪問ありがとうございます。日々感じたことや、日常の話を書いています。

小学時代について

こんにちは、ももんがです。

皆さんは小学校好きでしたか?

 

ももんがは、

正直嫌いでした。。。

子供特有の価値観や、決めつけや、

弱肉強食みたいな世界。。。

 

強くいったものが偉いとか、

独自のヒエラルキーとか、

あーいうもの、全部苦手でした。

 

先日下記漫画を読んで。

筆者は逆で、小学生や子どもころが楽しくて、

大人になって、上手くいかなくて、

もがいて苦しんで、

そんな中、変わらない友情があるっていう、

ステキなお話でしたが、

ももんがとは真逆だなぁって思って読みました。

 

岡崎に捧ぐ 1 (コミックス単行本)

 

自分とは真逆にいる人の話だったので、

「ほ~こんな風に、

子供時代をのびのびと過ごす人もいるんだ~」

って新鮮な気持ちで読みました

 

本当に、人っていろんな子供時代があって、

大人になるんだなぁって、

別の人の人生を楽しませてもらった気分になりました。

 

こんな子供時代を生き生き過ごすして、

大人になるのが嫌だって思う人がいたかとおもうと、

 

ももんがみたいに、

子供時代は、窮屈で窮屈で、早く大人になりたい!!!

って、思ってて、

年を取れば取るほど、努力が実になって、

みそかっすの自分が、どんどん出来る人間になれて、

年を取るのが楽しくてしょうがない自分がいたり、

 

でも言えることは一つ、

みんな人生で、

どっかで苦しんだり、悲しんだりして

それをどう自分の栄養分にして、

大人になるかなんだなぁって、

最近はそう、ももんがは思います。

 

逃げるだけの人生の人は、

チャンスをつかめず、文句だけになるし、

 

ずるく得して生きたい人は、

目先の幸せや、利害を取って満足するけど、

 

ももんがはそうじゃなくて、

自分が最後納得して、満足するような、

これからの人生を生きていきたいなぁって考えます。

 

皆さんはどんな小学時代すごされて、

どんな大人になりましたか?

 


自分らしさランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村