momonga3333’s blog

ご訪問ありがとうございます。日々感じたことや、日常の話を書いています。

社会の厳しさについて

こんにちは、ももんがです。

 

先日甥っ子に

「ねぇ、ももんが、

本当に社会人やれているの?

そんなぶっ飛んでて、

会社で働いていけるの?

真顔で聞かれました。。。(´;ω;`)

 

ももんがは、真顔でちゃんと回答しましたよ~

 

「あのね、社会って言っても、

 会社って言っても、

 仕事って言っていも、

 いろんな種類や環境があるんだよ。

 

 ぶっ飛んだ人だって、

 ぶっ飛んで働ける

 職場や環境があるんだよ。

 

 でもねそこで働くには、

 ぶっ飛んでても許されるくらいの

 スキルや能力がないと

 いけないわけ

 

 ただの社会のレールに乗って、

 学校卒業して、新卒で働いて

 ももんがくらい、ぶっとでんだら、

 そりゃー1か月で

 会社クビになることでしょう

 

 そーいう人はぶっとぶ権利はございません

  ぶっ飛ぶことにも権利があるんですよ~。

 

 権利を獲得するためにはね、

 努力して、

 他の人じゃ出来ない

 スキルを身に着ける

 そして

 会社で結果を出す

 

 そうすれば、

 他人なんてどうでもよくなるし、

 誰かの顔色をうかがって

 仕事する必要もないわけよ。

 

 戦う相手は自分。

 どんなにぶっ飛んでいたって、

 自分で自分のやったことに責任を持つし、

 仕事という分野で、しっかり結果を出して、

 会社に貢献する。

 

 仲間意識や、同僚意識なんて、

 仕事で必要ないしね、

 つまり、自分で自分の仕事を完結して、

 自分が満足いく結果を持ってくること。

 

 それには上司も、部下も、

 助けてくれる人はいるかもしれないけど、

 それはあくまで補助で、サブなだけ、

 全ては自分次第、

 ももんがは、

 いつも一人で仕事していると思っている。

 自分が最後の砦だと思って仕事している。

 誰とも群れる必要なんてないと思っている。

 誰かに何かあったら、

 後ろ立ってもらおうなんて思わない。

 

 だから、ももんがは、

 セクハラも、パワハラも、モラハラ

 受けたことないよ。

  

 いや、人から見たら、

 受けていたのかもしれないけど、

 ももんが自身は、受けたって思ったこと

 一度もないから、

 結果受けていないと思っているよ。

 

 つまりね、いいんだよ。

 どんな人間だって、花が咲く環境があるわけ

 文句を言ったり、嫌だなぁって思うのって、

 それは自分のスキルや、

 実力が足りないから、

 だからまだ

 自分が花咲く環境にいないって

 置き換えればいいわけ。

 

 その花咲く環境まで、自分のスキルが足りない、

 それならば、どうやったら、

 花咲く環境まで、自分を成長できるか!

 そこを考えて、唯一無二を目指して頑張る!

 

 物事って、

 人のせいや

 環境のせいじゃないんだよ、

 全部今の自分を反映しているわけ。

 

 満足いかない環境なら、

 自分が満足いく環境にいけるように、

 誰にも文句言わせないように、

 自分を高める!

 

 それが一番。

 わかった??

 

 こんなにぶっ飛んだおばさんでも、

 好き勝手仕事できるの。

 

 だから、あんたも、社会出たからって、

 皆と一緒とか、和を大事になんて思わす、

 好きなことを堂々と頑張って、

 実力お付け!」

 

甥っ子は

「えっ俺、そんなぶっ飛んでないよ。。普通でいいよ。。」

って、

全然わかっていないなぁ。。。><

 

 


自分らしさランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村