momonga3333’s blog

ご訪問ありがとうございます。日々感じたことや、日常の話を書いています。

ドリームブレーカーについて

こんにちは、ももんがです。

ある日の夜、

海外からのメールに関して、

上司に電話して、

相手はこんなこと言ってますよ!!

一方的にプンスカ報告して、

「腹立つから、今日はもう考えないで、

明日また相談させてください

といい、電話を切ったももんが

 

次の日、上司にげんなりと言われました。

 

「おい、ももんが、

昨日さ、お前が電話してきたとき、

会社のAさんとBさんと一緒に飲んでたわけよ。

 

みんなさ、ももんが今日参加した

展示会の状況を心配して電話してきたのかなぁ?

って思ってたら、

いきなり電話越しで聞こえるほど、

大きな声で、一方的に

海外から来たメールの愚痴を言って

展示会のこと一言も聞かずに

切ったの聞いてて、

あいつら言いだしたわけ、

 

Aさん「さすが、ももんがさんですね。。。」

 

Bさん「上司さんに一言も話させず、

   一方的に話して、

  一方的に切って、、、、

   まして、展示会のことなんて、

   彼女眼中に入っていないのでしょうね。。。」

 

Aさん「彼女はことごとく僕らの夢を打ち砕きますね。。。」

 

Bさん「ドリームブレーカーですよ、、、彼女」

 

上司「ドリームブレーカー???」

 

Aさん「そうですよ、僕らバブル組が入社した時って

    女性は事務とか、アシスタントとかの仕事で、

    何ていうんでしょ、上下関係がはっきりしてて

    いわゆる男性を立てる女性が多かったですよね

 

Bさん「そうそう、わかる、わかる!

    そんな女性像を彼女は見事打ち砕きましたよね。。。」

 

Aさん「言いたいこと言って、好きなことやって、

    僕が気にくわないこと言うと、

      言ってる意味わからないんだけど!?

    理論的に私が納得するように説明して

    って言ってきて、

    しまいには、イライラして、

    ねぇくだらないことに

   私の時間これ以上取らないで

    と、話の途中

    どっか行っちゃうんですよね。。。」

 

Bさん「俺なんて、この間出したプラン

    1週間かかって作ったプラン

    読んでてつまらなかったって、

    感想言われました。。。」

 

Aさん「あんなにはっきり物事言って、

    僕らよりも出世して偉くなって、

    もうさ、

    女性は男性の半歩後ろを歩くの概念を

    見事打ち砕く、

    何か目の前に岩があったら、

    僕たちより率先して

    壊しにかかるくらいの

    恐ろしいパワーありますよね。。」

 

Bさん「俺、仕事で女性は守らなきゃって概念、

    彼女見て、変わりましたよ。。。

    仕事する女性に対して思っていた夢、

    見事打ち砕かれました

 

Aさん「それだけじゃないっすよね、

    この間の上層会議で

    社員旅行の話があったら、彼女

    そんなの行きたいの、

    僕たちおやじどもだけでしょ、

    彼女の部署は不参加にして、

    その分費用を金で

     彼女の部署皆に

   賞与分配してくれって

    真顔で要求してきましたよね。。。

 

Bさん「社員旅行のロマン、

              醍醐味を全く理解しない、、、、

    俺たちの社員旅行の夢を打ち砕く、

    ドリームブレーカですよね。。。」

 

Aさん「皆でわいわい飲むのが楽しいのですけどね。。。」

 

Bさん「おかげで社員旅行計画却下ですもんね。。。」

 

Aさん「今日の展示会もそうですよ、

    人員貸してくださいって言ったら、

    そんなの出て意味あるの?って

    真顔で詰め寄ってきましたからね。。。」

 

Bさん「お付き合いででる展示会なんて、

    彼女には意味ないなんでしょうね。。。」

 

Aさん「年上の社員が頭下げて依頼しても、

      やりたくないことは、しない!ですもんね。。。」

 

Bさん「お付き合いでの出店や、年上を立てるなんて、

    彼女の辞書にはない言葉なんでしょうね。。。

    それにしても、本当に今日の展示会、

    彼女興味ないんでしょうね。。。。」

 

(はぁ~~とAさん、Bさん長い溜息)

 

Aさん「上司さんからも、

    僕たち

   おやじのドリームブレーカー

    に対して

    なんか言ってくださいよ。。。

 

Bさん「お願いしますよ。。。」

 

俺さ、なんで一本のお前からの電話で、

こんなおやじの夢を打ち砕く、

ドリームブレーカーの話を

聞かされなきゃいけないわけ???

 

しかもお願いされたんだけど。。。」

 

ももんがは、苦笑いをし、

上司に一言

「ご愁傷様でしたね。。。。」

としか言えませんでした。。。(´;ω;`)

  

     


自分らしさランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村