momonga3333’s blog

ご訪問ありがとうございます。日々感じたことや、日常の話を書いています。

氷河期世代について

こんにちは、ももんがです。

氷河期世代のために求人枠を作ろう!

という政府の政策により、

今、氷河期世代のための求人枠があったりします。

 

氷河期世代

ど真ん中のももんが。

わかります、わかりますよ。

あの世代は普通に日本の大学出ても

就職先皆無の、

本当に大変な時代でした。

 

ただね、あくまで

普通のレールの上に乗った人生での

氷河期だったわけで、

それを時代の被害者というのは

違うんじゃないかなぁって

思います。

 

じゃあ、

レールから外れてみればいいじゃん!

別にレールに乗っているからって、人生安泰なんて、

誰も保証してくれないのが人生です。

 

今の年金問題見ててもわかる通り、

言われたから、義務だから、

皆がやっているから

払っていたって、

今の年金世代と同じ条件でもらえる

保証なんてほぼないですよね。

同じようにやっているのに、

どうしてだ!って騒いだって、

どうにもならない。

 

だから、

自分で自分の身を守るしかないわけです。

年金以外でも貯金するとか、

才能がある方は、外貨貯金したり、

株式やったりして、自主的に自分の老後に対して、

やってもらうではなく、

自分で対処しておく。

 

受け身でもらうものなんて、

時代の流れや、社会の状況や、

政治家の考えや、世論で

コロコロ変わって行ってしまうもの。

だからこそ自主的に対応していく。

 

同じ事で氷河期だったから、不幸だ、

可哀想だった、良い仕事に就けなかった

全部社会や、世の中が悪いって言われても。。。

 

じゃああなたは自主的にそれに対して

何かしてきましたか?

と聞きたいです。

 

何か努力して自分を磨いてきましたか?

皆と同じで、皆仕事がないから

しょうがない、

って受け身であきらめていませんでしたか?

絶対多数の皆と一緒でいることに

甘んじていませんでしたか?

 

皆と一緒だからって、

良い人生を送れるとも、

安泰の人生を送れるとも、

誰も保証なんてしていないのです

 

歴史を見れば、どんだけ時代に翻弄されて、

人々は生きてきたのか、わかるし、

氷河期世代以上に辛い大変な時代を過ごされてきた

ご年配の方などたくさんいらっしゃいます。

 

開かれていた門が狭かったなら、

その狭い門には入れるよう、努力する、

その時は、入ることができなくとも、

何らから働いたり、勉強したり

努力していれば、

その後の好景気で

チャンスがあったと思います。

 

 実際、ももんがは、

日本の景気が良くなってきた

2008年に日本に戻ってきて、

100社以上受けましたが、

無事正社員で就職できました。

 

自身の体験をもって、

氷河期世代からしょうがないとの意見に、

反対意見一票入れたいです!(笑)

 

     


自分らしさランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村