momonga3333’s blog

ご訪問ありがとうございます。日々感じたことや、日常の話を書いています。

尻尾のだるまさんが転んだについて

こんにちは、ももんがです。

現在、御年15歳老犬まっちゃんと

尻尾のだるまさんが転んだ

をしております。

 

ことの始まりは、金曜日の夜。

仕事から帰ってきたももんがは、

いつもぴんぴん立っている

まっちゃんの尻尾が

だらんと

垂れ下がっているのを見ました。

 

ちょうどその日、

まっちゃんは美容院だったので、

お尻の毛を上手く刈れなかったのか?

それとも傷つけちゃったのか?

他の犬と何かあったのか?

 

(普通にドックランに放しても

何故かまっちゃんだけ、

ちょうど放したと同時に、大型犬に

ぶつけられて、横っ飛びで倒れるとか、

椅子に座らせたら、まっちゃんの椅子だけ

壊れてて、倒れるとか、

まっちゃん、ちょっとそこら辺の

運がないので。。。。)

 

心配になったももんが。。。

 

一緒に行った営業部長かみちゃんは

全く元気ぴんぴんに尻尾を振っています。

 

まっちゃん、どうした?

尻尾を上げてみようよ~!

と尻尾を持ち上げると

思いっきり嫌な顔をするまっちゃん。

 

触ろうとすると、逃げるし、

怒るし、空咳をし始める。。。

 

尻尾以外は、とにかく、正常で、

食欲もあるし、いつも通り。

 

しょうがなく、

尻尾あげたら?と通りすがりで、

セクハラみたいに

お尻を触ろうとして

時々怒られながら、

その夜は過ごしました。

 

次の日の土曜日の朝、

いつも通り散歩行って、

ご飯を食べるまっちゃん、

でもやっぱり、

尻尾は下がったまま。

 

心配になり、病院に連れて行ったところ、

片方の肛門腺破裂寸前に腫れており

絞ってもらったら、

かなりの量が吹きこぼれてきました。。。。

 

おそらく、随分前から痛かったはず、

美容院でも嫌がって、

老犬だから、

無理させないで下さいと言っていたので、

絞らない状態がきっと続いて

ますますひどくなって、

今の状態になったのでしょう

と獣医さんに言われ、

これからは獣医さんに定期的に来て、

絞ってもらおうと決意したももんが。

 

そんな、まっちゃん、

肛門腺を絞ってもらったら、

痛みが和らいだのか、

少しずつ、尻尾が上がってきました。

 

しかし、彼にとっては、

ももんが

→お尻を触ってくる悪い奴

→悪い奴から尻尾でガード

→あいつが来たら尻尾を垂れて、

 お尻をガード

という図式ができており、

 

ふふふ~~んって

普段は尻尾が上がっているくせに、

ももんがと目が合うと、

ガード!ガード!

と戦闘モードに入り、

尻尾をブンと下に下げます。

 

ピーンという尻尾が、

ももんと目が合うと、

ブンと下に下がる。。。

 

本当にだるまさんが転んだやっているみたいです。。。

 

そんな警戒しなくても。。。

 

もうお尻触らないよ~~~(´;ω;`)


自分らしさランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村