momonga3333’s blog

ご訪問ありがとうございます。日々感じたことや、日常の話を書いています。

思いやりについて

こんにちは、ももんがです。

 

確かに相手が常識的に言ったら

悪いかもしれないけど、

それにマウントする形で

人を責めたりなじったりするのを

周りで見ていると、

心が痛くなりませんか?

 

そんな人はきっと自分は正しい

だから何を言っていいし、

相手をなじる権利があるくらい

勘違い甚だしい

思いあがり

あるのかもしれません。。。

 

でもそれって、高慢チキチキな

ももんがからみたら、

低俗なガキ

って思っちゃうのは

ももんがが過激だからでしょうか??

 

先日、駅を歩いていて、

スマホに夢中になっている若者がいました。

スマホに夢中になっているから

下を向いて歩く=危ない行為

それは、ももんがも理解しています。

 

ももんがは通るとき、彼をよけて通りました。

気付いた人が、危ないと思ったら、

回避する、それでいいだけじゃない?って

思っているし、

 

私たちだって、生活していれば、

きっとどこかで、誰かに迷惑をかけて生きています。

 

そして、それは他人に注意されて正すことじゃなくて、

自分で気が付いて、

襟を直すべきだと思っています。

 

逆に、そんな彼を見て、

あー自分もスマホに夢中になっているときあるなぁ

きっと周りから同じようにみられることもあるんだなぁ

そう感じる機会を与えてくれたんだと思えば、

彼の行為で、ももんがは、

自分の襟をただそうと思います。

 

そんな中、後ろで、どんって

わかっていて、

わざと避けないで、

ぶつかった初老の男性委が

大声で

スマホ何か、

 見ているんじゃねえぞ!

 どこ見て歩いているんだ!」

と怒鳴って、

去っていくのを目撃しました。。。。

 

もうね、見ていて、

品性ないなぁ。。。

自分が言っていること正しいからって、

そんな大声で相手を怒鳴ったり、

裁いたりする権利は彼はあるかなぁ

ってももんがは、思いました。

 

自分は正しい=だから避ける必要がない

ぶつかった=相手が悪い=だから

自分は文句を言う権利がある

そんな思考回路なのかもしれませんが、

正論だとしても

やっていることは

幼児以下の低俗な行為です。

 

だって、彼には1つ

大人が必要としている

思いやりと言う気持ちが

欠けていますよね。

 

そんな大人が最近多い気がします。。。。

この間も犬の散歩中、

散歩道でうんちしていた犬を

ちょっとどけられるスペースはあったのに、

わざとちりんちりん鳴らして、

犬にぶつかってきた、初老のお爺さん、

 

余りにも頭に来て、思わず

心の中で悪態ついちゃいましたが、、、、

 

最近は、もうね、そういう人は

大人になる訓練をしてこなかったんだなぁって

思うようにしています。

 

そんな人間たちは、

きっと毎日楽しくないのかもしれません。

だって不機嫌そうな顔

していますもんね><

 

そして嫌なことや上手くいかないことを

全て他人のせいにして

他人にこーやってあたるのでしょうね。。。

 

本当に大事なのは、何が自分に欠けているか、

自分で理解をして、

思いやりを持つことを思い出して

自分の周りを笑顔にすることなのに、

逆に周りを不機嫌にさせて、

ますます負のループに入っていく。。。

 

ももんがは、そんな人達を見てて

そう感じました。

 

いいんです、いいんです。

そんな人生を選ぶのも、その人の自由です。

ももんがは、彼らを責めるつもりもないです。

ただ、そんな人生に自分はならないように、

自分が正しいからって、

人を裁いたり、

相手を責めるのはやめよう

最近心に誓いました(笑)

 

       


自分らしさランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村